前回からだいぶ更新に間が空いてしまってすいません(´・ω・`)
あんまり読んでる人もいないのでマイペースにやってましたw

前回は必要な機材について触れ、

1.webカメラ
2.イヤホンコンバータ

まで説明しました。



次に必要なものは、パチスロのデータを表示する「データカウンター」です。


3.データカウンター
 データカウンターは、スロット配信を見ているとよくみかけるのが、「カウンタッチ」です。
ACX-100_naname



そしてダントツに多く使用されているのが「SlotCountCapter2」です。
prg01
こんなデータカウンターで配信してるのみたことありません??

このカウンターはsouryuさんが自作で公開されている無料のカウンターで、こちらのHPで配布されています。

Souryu工房の、へたれサイト


見た目も良く、カスタマイズがしやすいため配信者によく使用されています。
ただし、こちらのカウンターは設定が少々難しいかもしれません。
ある程度PCに知識がある方なら大丈夫かと思います。
詳しい説明はsouryuさんのHPに記載があるので参考にしてみてください。

また、スロット本体から出た信号を「PIN」信号と言うのですが、これをPC側に送るためのケーブルも必要となります。
これも自作をするか、オークションなどで購入する必要があります。
ニコニコではこのケーブルを自作している様子を公開してくださってる神もおられますw






 なお先ほど少し触れた「PIN」信号ですが、これはスロットから

「今3枚投入したよー」
「今BIGが当選したよー」
「今15枚払い出しがあったよー」

みたいに、決まった信号を発していて、これをPIN信号と呼んでいます。
スロットのPINコネクタはPIN1からPIN8の8つの信号が出せる仕様になっています。 
ゲーセンなどの静かなところでスロットを打っていると、カチカチカチみたいな音が聞こえると思います。
これがPIN信号を出しているときの音です。

例えば、
PIN1から3回信号が出たら、「3枚投入」
PIN2から10回信号が出たら、「10枚払い出し」
PIN3から1回信号が出たら、「BIGボーナス」
のような仕組みになっています。

これは機種によって違います。


ATやARTによってはPINから信号が出ない機種もあります。
また、「出たとしても2回ベルが揃ったとき」「逆押ししてリプが3回揃ったとき」のような条件を満たすまで信号を出さないようなものもあります。
この場合、ARTが当選すると大抵の機種は「○○RUSHランプ」というのがあると思います。
この部分に光センサーを配置して、光った時にカウントする。
という措置を取ります。
それをしないと正確にARTなどをカウントすることができなかったり、数Gずれたりします。
ホールによってARTをカウントしなかったりRBとごちゃまぜになっていたりするところがあるのはこのせいです。


このPIN信号は機種によって違うと言いましたが

例えば、鉄拳3rdなら

PIN1 in
PIN2 out
PIN3 鉄拳ラッシュ中
PIN4 鉄拳ボーナス中
PIN5 エンジェルフリーズ演出中
PIN6 使用なし
PIN7 使用なし
PIN8 使用なし

のようになっています。

ネットには親切な方がいて、このPIN信号をまとめてくださってる神がいます。

PIN Search

こちらのサイトに行けば5号機なら大抵の機種のPINは知ることができるはずです。



とまぁ偉そうに長々と説明してしまいましたが、私はこれらの設定が面倒でスロテックさんのデータキングPC2を購入しましたwww



V36G-1

見た目はこんな感じで、商品化されているだけあって集計等の機能が多いです。
設定もUSBに差して、ドライバをCDで読み込むだけだったので簡単です。
また、オプションの光センサーを購入して、神拳勝負(北斗の拳転生の章)のカウントがずれないようにしました。 




あまり時間がなかったり、設定やPCの知識に自信がない方はデータキングPC2がいいかもしれませんw


データカウンターはこのほかにもまだまだあります。

その中でも自分が一番気になっているのが
AslotさんのAカウンター。

スマホにデータを表示するので操作性が良さそうです。
しかも見た目もクールでかっこいいし、なによりワイヤレスなのがそそります。
欲しかったけど、予算不足で自分には手が出せませんでしたorz

Aslotさんの商品はデザインや機能が完成されてるなぁ。と個人的におもうところです。


最後に、PCモニタに映ったデータ画面を配信画面にキャプチャ(画面の一部を取り込むこと)させたい方は、「SlotCountCapter2」か「データキングPC2」のように、PCにウィンドウが表示されるタイプを選ばれたほうがいいと思います。
キャプチャについてはまた後日詳しくお話しします。

今回もご覧いただきありがとうでした♪


 


マウスを乗せてチッカリーナ♪